不用品回収を考えたときは

不用品を処分していく方法としましては、役所に頼む場合と不用品回収業者に回収を依頼する方法と役所に頼む方法とがありますが、両者の間には料金やサービス内容等の相違があります。両者ともそれぞれメリットやデメリットがありますから、依頼する際にはよく考えて、利用状況に照らし合わせて利用することをお勧めします。
ここではそんな両者の違いについて、更に詳しく見ていくことで、依頼する際にどういった点を頭に入れて置いた方が良いか指南していきましょう。

それは果たして回収可能品目?

市や区役所等の役所に不用品回収を依頼する場合には、その回収対象物の中に家電リサイクル法に定められている4品目は含まれていません。そして、その4品目というのはエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機のことです。
その他、パソコンリサイクル法にて定められたているパソコン本体やディスプレイ、ノートパソコンやディスプレイ一体型のパソコン等も含まれておりません。そのためこのような品目については自治体では処分することができず、引き取ってももらえません。
不用品回収業者への回収を依頼する際には、危険なものや、有害性のあるもの、引火性のあるものの他、著しく悪臭を発するようなものについては回収してもらえませんが、家電やパソコンといったものについて、全て不用品として回収してもらえます。ただ、回収業者によっては回収不可能な品目に違いがあるため、依頼する場合にはその業者に確認する必要があります。

また、家電やパソコンその他周辺機器の他、楽器、家具、バイクや自転車等については買取りも行ってくれる業者もあるので、廃棄する前には業者にその点も確認してみましょう。

両者に依頼した場合の手間暇は?

市や区役所等の役所で不用品回収を頼む際には、事前に有料粗大ごみ回収券等の購入をしておかなければなりません。また不用品について、その取り外しや、解体作業、運び出しなどの作業も自前となり、行ってくれないので、指定された場所へこちらから持っていかなければいけません。
それに対して、不用品回収業者でしたら、電話やメール等で連絡をすればすぐに自宅まで来てくれます。またほとんどの業者では即日対応も可能となっております。不用品の取り外し、解体作業、運び出しも行ってもらえるため自分で何かをする必要はありません。

上記については、次の項目で更に詳しく述べたいと思います。

更新情報

ページ上に戻る

MAIN MENU

不用品買取ショップ情報

運営者情報

とくとくライフ.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加